携帯電話利用料金は明細書の見直しから節約を始める

スマートフォンの料金はこれまでガラケー時代の2倍近い料金プランになる人も多いため、通信料金の節約は誰にとっても興味があるところですが、まず通信料金の節約の節約といっても携帯電話の料金の場合通話プランに多く料金を支払っているのか、それともデータ料金プランに多く料金を支払っているのかで節約方法が変わります。

まず、通話プランで料金が嵩むという場合は、話し放題のプラン加入がおすすめです。

なぜならスマートフォンになって携帯電話会社は今までより話し放題への敷居が低くなり、2、3000円前後の基本料金で24時間話し放題というプラン設定があります。

通話メインで通話料金にお金が毎月持っていかれるという人は、1分あたりなどの通話料金を安いプランのある格安SIMより話し放題プランへの加入を検討してみてもいいかもしれません。

またデータ料金プランが嵩むという場合は、WiMAXなどデータ通信量の上限がないプランに加入するといいでしょう。

家の中では光回線などを使用していても外ではパケット通信が必要になり気づけば高額になることもあるという人に、WiMAXなどは定額制で使い放題のため通信料金の節約になるのではないでしょうか。

同じ携帯電話の利用料金でも自分は何に利用料金が嵩んでいるのか明細書を見ることが通信料金の節約のために大切です。

Follow me!